« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

メッキリ春

気温は10〜13℃なのですが、
陽射しはメッキリ春めいて来ましたsun


Image


ハウス内はサイド全開にもかかわらず、
30℃を超えています(゚o゚;;

この1週間でいちごの姿も一変。
新葉の葉柄は伸び、
薄緑の新葉が展葉し始め、
生き生きと動き始めました。

さ〜て、
これからは春管理。
草勢を抑えて生殖生長とのバランスとり重要。

気温⤵️
EC⤵️
灌水⤴️
着果負担⤴️

草勢と着果量、果実品質。
そして病害虫の発生を確認しながら、
今まで以上に細く管理して行きます。

ありがとう。

2017年2月27日 (月)

体のチェック

健康診断で体のチェック。


Image


歳と共に傷みも増えて来ますが、
両親にもらったこの身体。
最後まで大切に使わないとね〜

先週後半から、
いちごが増えて嬉しい悲鳴🤗
皆さんに喜んでもらえる様に、
誠実に調整します。

ありがとう。

2017年2月24日 (金)

大型農家さん

静岡の大型いちご農家さん🍓
選果機を導入してクラス分け。
各クラス毎に分かれてパック詰め作業を進めてみえました。


Image_2


なるほど❗️
能率良さそうです。
1日1,000パック以上の日もチョクチョク。
すごいですね〜😋

ありがとう。

2017年2月23日 (木)

いちご縁

遠州の紅ほっぺは2番花。
デラックスの出荷が多いです。
心配していたダニは抑っていますが、
うどんこ病がチラホラ出始めました。
phと乾燥に注意して、
今の内に治療します。


Image


本日はいちごが縁で、
4軒のいちご農家さんと出逢いました。
皆さんありがとうございます。


Image_2


お話をしていたら、
イロイロと知らなかった情報も教えていただき、
チラッとメモを。
何だか楽しくなって来ました(^O^☆♪

ありがとう。


PS
本日は富士山の日。
ラジオで初めて知りました。
静岡暖かい☀️


Image_3


彼岸桜?
咲き始めていました。

2017年2月22日 (水)

新品種、恋みのり

昨日、農業新聞に掲載されていた新品種。
恋みのり💕
文面を読んでみると、
ひのしずくとかおり野の良い所取りした様な、
とっても良さ気な感じです。


Image


新品種は絶えず気にしている私。
試験栽培の資料や様子など、
チョット調べてみようと思います。

何か情報があれば、
一声お願いします❗️


ありがとう。


PS
昨年からいちご楽園で実証している試験も、
いよいよ佳境に入りました。
楽しみにしていて下さいね(^_^)

2017年2月21日 (火)

デッカイいちご🍓

2番花のピークを迎えている雅いちご🍓
デッカイですよ〜
今日の出荷はAパック(大玉平パック)が、
全体の80%超え。


Image


Image_2


糖度も平均14度以上⤴️
メンバーの皆さんがしっかり滴花。
愛情たっぷり管理したいちごは、
最高で〜す(^O^☆♪


いちごさん、いちごさ〜ん❗️
もう少し小さくても良いんだよ。
大き過ぎてパックに詰めにくいし、
勢力も大玉に盗られちゃうものね。
贅沢な悩みですが・・・


ありがとう。

2017年2月20日 (月)

ハダニ

いちごも少しずつ春めいて来ましたが、
病害虫も増える時期に・・・


Image


ハウスを回ると、
葉ダニがめだちはじめました。
月末から月初めにかけては、
天敵導入のピークになります。
天敵防除成功の鍵は、
チリカブのハウス定着と、
導入前にハダニの密度を下げる事。
導入日から計算して防除しましょう。

ちなみに写真の農家さん。
先週にコロマイト。
(蜘蛛に巣状になっていましたが良く死んでいます。)
今週はダニサラバ。
(カウンター混ぜます。)
来週が彩葉コート。
3月3日、チリカブ導入予定です。

ありがとう。

2017年2月18日 (土)

低温障害

先々週、先週の寒波の時に、
ハウス内が-3℃まで下がったそうです💦


Image


両サイドの株には死花も・・・
半休眠の様な感じですが、
株は春を感じて少しずつ動き始めました。
多少の奇形果は残して、
着果負担を維持。
春の徒長を防ぎたいと思います。

北陸の無加温ハウス。
これからが勝負です。

ありがとう。

2017年2月17日 (金)

近未来農場

農業用水を利用して水力発電。


Image


蓄電制御装置。


Image_2


空調環境機器。


Image_3


Image_5


ハウス内は24時間カメラと各種センサーで監視。
いちご栽培システムからハウス内の空調、
ハウス周りの融雪まで、
全てを水力発電でまかなうエコな近未来電気農場です。
今シーズンはいちごに慣れて、
来シーズンから本格的に試験栽培を開始します。

そうそう、
どんなに素晴らしい施設でも、
いちごが主役を忘れない様に(⌒-⌒; )

こんなに凄いプロジェクトに参加できて、
とても楽しみです☺️

ありがとう。

2017年2月16日 (木)

能登ひかりっ娘

世話になっている市場の先輩にハッパかけられてスタートした、
北菱電興さん電子農場の今シーズン。
失敗の許されないプレッシャーの中、
現場を確認できない時は、
担当部長さんから映像を送ってもらい確認。
部長さんとは都度都度意見交換を行い、
生育に合わせて細かく管理して来ました。

Image


Image_2

その甲斐あって、
お陰様で順調に育っています。
出荷スタートは遅れましたが、
もうすぐ2番花。
3.4番花も連続しています。

今後も気を抜かず、
春化に向けた管理。
天敵導入。
6月まで頑張ります。

スタッフの皆さんの想い込もったいちごは一味違います。

ありがとう。


PS、
いちごへの愛情の現れ。
手作りダニ捕獲装置。

Image_3


2017年2月15日 (水)

強い想い

雪天続きの富山。
いちごの生育も心配していました。
ところが・・・
心配なんて何のその❗️
2番花の大きないちごが出迎えてくれました。

Image


Image_2


大きないちごは70g以上。
糖度は16.5度。
愛情タップリ。
寒さに耐えて育ったいちごは、
実が締まり香も十分。
大人気もうなずけます。

逆境に負けない作り手の強い想いは、
品種選び。
作り方。
販売方法。
全てでいちご中心。
いちごを包み込んでいます。

住めば都。
本当に良い所。

ありがとう。


2017年2月14日 (火)

学び

昨日は生命と水の勉強。
今日は環境と農薬の勉強。


Image


たまにはこんな時間が必要。
多くの学びがありました(⌒-⌒; )

オンコル粒剤。
袋にはいちごの適用が書かれていますが、
使用制限があります。

学んだ事はさっそく活用しないとね〜❗️
ありがとう。


鳥取の皆さま。
この度の大雪、
お見舞い申し上げます。

施設被害も出ていますが、
低温や出荷出来ない事による、
2次被害もとても心配です。

来週末には仲間が山陰に行く予定。
励ます事しか出来ませんが、
一歩前へ。


2017年2月11日 (土)

いちご大福

いちご大福を試作してみました。


Image


う〜ん上出来❗️
とっても美味しいです。
いちご楽園で作ったいちご大福。
商品化が楽しみです。


ありがとう。

2017年2月 9日 (木)

味ムラ

かおり野。
味落ちは徐々に改善して来ましたが、
玉による味ムラが激しいです。
悪い玉は甘味も酸味もありません😰

Image


Image_2


灌水量を減らしてEC上げていたら、
週末の好天で萎れも・・・
まだまだ未熟です。


ありがとう。

2017年2月 7日 (火)

雪害

福知山市周辺。
移動しているとあちらこちらでハウスが潰れています。
お客様も例にもれず。


Image


Image_2


いちごのハウスは?
いちごのために雪解けから懸命に努力。
ジャッキアップして空間を確保。
ビニールが破れた箇所は古ビニールを重ねて補修して、
なんとか収穫を続けています。

素晴らしいです。

3月になって暖かくなったら、
パイプを入れ替えビニールも張り替えます。

狭くなったハウスの中、
いちごさん達は懸命に寒さに耐えています。

ありがとう。

2017年2月 6日 (月)

寒さに耐えて

丹後のお客様。
先日の大雪の被害は逃れましたが、
いちごにはその影響が。


Image

Image_2

Image_3


展葉が遅く新葉は黒くて小さい。
花にも障害が目立ちます。

こんな時は、
保温に努めると同時に、
耐寒性を高めるため、
炭素率の高いふたばエキスや糖カルを灌水。
天候を見てミネラルたっぷりスーパーアシストの葉面散布。
そして古葉を取って株を刺激。

いちごも寒さに耐えています。
いちごの為に出来る事を誠実に❗️

ありがとう。


2017年2月 5日 (日)

うらら農園実里

うらら農園実里さん。
連日多くの御来園をいただき賑わっています。

そんな中管理部門の皆さんと一緒に、
いちごをしっかりじっくり観察しました。

Image_3


Image_4

さていちごのご機嫌は?
葉の痛みも早く冬バテ気味💦
着果過多です。

草勢に合わせた滴花とは言いますが、
いちご狩りの場合はどうしても玉数が欲しくなります。
この気持ちは私もよくわかるのですが・・・

玉数の多少。
玉の大小。
糖度。

一人でも多くの人に美味しいいちごを楽しんでもらうhappy01

そのためにはどの様な管理が良いか?
滴花が徹底してある楽園の写真を見ながら、
皆さんと検討しました。
どれが正解かは解らない。
やってみよう〜


ありがとう。

2017年2月 4日 (土)

いちごのガレット

ファミリーレストランで娘が注文した、
苺のガレット。
とちおとめが載っていました。
一口もらいましたが、
甘さの中にとちおとめの酸味が効いて美味しかったですよ☺️


Image_2

ありがとう。

2017年2月 3日 (金)

元気な花が咲いていますshine
(滴花後の3番スソ花。)
40日後には美味しいいちごに変身です。


Image


大きな花は大きないちごの源。
だからこそ、
花芽分化がとても大切です。

育苗後半に分化する1番花。
定植後の2番、3番花の花芽分化期に、
将来咲く花を意識して、
どんな管理を行なったか?
そこが重要です。

それにしても、
打ち合わせの多い事よ(⌒-⌒; )
ありがたい事です。

感謝、感謝。

2017年2月 2日 (木)

岐阜県方式

岐阜県方式の高設ベンチ栽培。
一番の特徴は培地量が少ない事。
現在は株当たり1リットルが基準ですが、
以前はもっと少量だった記憶が・・・
培地はココピート。


Image


不織布を利用したハンモック式ベンチで、
システムベンチより安価で設備出来ます。

良いところ、
改良した方が良いところ。
産地によって色んな方式がありますが、
大切なのはいちご。
いちごを生かすも、
システムを生かすも、
作り手の想い一つですよね〜(^◇^;)

ありがとう。

2017年2月 1日 (水)

目揃え会

雅いちごの目揃え会を実施。
目を揃える事。
方向性を揃える事。
考え方を揃える事。


Image


Image_2


メンバーの皆さんの貴重な意見が聞けて良かったです☺️
皆さんの意志を踏まえて、
足並み揃えて一歩前へ‼️

右、左。
右、左。

想わないと何も始まらないものね〜

ありがとう。

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »