« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

エコな

いちご楽園の紅ほっぺに少しですがダニ発生。
GW中の増殖は何とか抑えたい(^_^;)


Image


本日の閉園後に、
彩葉コート2,500倍単体で、
紅ほっぺにエコ散布を実施しました。

GW明けにはダニ剤使おうかな〜・・・
やっぱりこだわろうかな〜・・・
迷っています。


ありがとう。

2017年4月27日 (木)

親株作り

いちごのストレスが少ないこの時期に、
親株をシッカリ育て、
ランナーを出し始める前に養分蓄えたい❗️
今は親株の育成、充実期です。


Image


Image_2


底日照時期や高温時の株作りは、
未消化Nの蓄積や灌水過多、
フザリュウム菌の活性化などにより、
タンソ病などの病害虫の発生が心配です。

苗8分作🍓
リスクは少しでも避けるべし(⌒-⌒; )

ありがとう。


2017年4月26日 (水)

ダニ対策

S圃場。
2月からチリカブを4回導入。
その間、
チリカブを生かす防除を4回実施。
まだ葉ダニはいますが、
広がりは収まっています。
もう少し状況の確認が必要です。


Image


K圃場。
2下•3上旬に2回チリカブ導入。
3月下旬にチリカブを諦めてコロマイトで防除。
一時はとてもよく収まっていましたが、
ここへ来て急速に再発生。
対処が遅れています。


Image_2

いちご楽園では天敵を導入せず、
彩葉コート。
サフオイル。
2皮膜剤で葉ダニを抑えておます。

どの方法が良い❓悪い❓

状況に合わせて、
早期対処が必要ですね。

そして感じる事なんですが、
天敵が入っていても、
ある程度の古葉整理は必要です。
整理した葉はしばらく畝に置いておけば、
チリカブも移動します。
古葉のせいで、
ダニ発生時の防除効果が半減してしまいます。


ありがとう。

2017年4月25日 (火)

ミツバチ

暖かくなったこの時期ですが、
交配不良・・・⁉️
Mさんの高設栽培ハウスで、
交配不良による奇形が多数発生しています。


Image


巣箱を確認すると、
少ないながらミツバチはいます。
でも飛んでいない。

高温ストレス。
過乾燥。
餌の与え過ぎ。
農薬の影響。

理由は色々あると思いますが、
高温ストレスの可能性が大かな。
ミツバチは低温より、
高温にははるかに弱いです。
巣箱の置場所には配慮ください。

また、
スピノエースはミツバチの影響が大きいので、
今作は女王蜂問題に配慮し、
なるべく使用しない様に勧めています。
使用時には臭い軽減にふたばエキス500倍を混用します。


ありがとう。

2017年4月24日 (月)

未来型農業

未来型農業の新たな展開🤗


Image_2


Image_3


あんな事が出来るかも❗️
こんな事もやってみよう❗️

ワクワクドキドキ楽しみ一杯です🤗

ありがとう。

2017年4月23日 (日)

はたけ名人

7年前に地元バルブメーカーさんと共同開発。
特許を取得してはたけ名人。
その試作ケースが今だに我家で活躍しています(⌒-⌒; )


Image


土は注ぎ足していますが、
給水シートは今でもシッカリ底面給水機能を維持。
一年中、
犬走りで野菜作りを楽しんでいます。

今日は娘が楽しみにしていた、
スナップエンドウの初収穫。
12個でしたがさっそく食卓に並びます。

プロの農家さんには当たり前ですが、
娘には上から水や肥料を与えないのが、
とても不思議な様です。


ありがとう。

2017年4月21日 (金)

いちご楽園

1週間ぶりのいちご楽園雅🍓
あっという間に春めいて、
草丈も大きくなって来ました。


Image

病害虫の発生はありません。
ミツバチの減りがチョット心配ですが・・・
問題のいちごの果実も、
GWへ向けてシッカリ実り始めています。

給液や換気などなど、
生育と環境に合わせて、
大幅に設定を変更します。

担当のなっちゃんが、
サイドの開け閉めが無くなったと一番喜んでいるかな🤗

ありがとう。

2017年4月20日 (木)

奈良のいちご

私が知るいちごの中で、
トップクラスに美味しいいちご古都華。
飛鳥ルビーに変わって、
ここ3年で栽培面積が増えています。
今年は親株の配布が不足する程。

白いちごの中でも特に白色が際立ち、
爽やかな甘みのパールホワイト。
育種家さんを中心とした個人グループでは、
中国、東南アジアへの輸出を中心に、
高級志向を前面に出して商品化し、
着実に成果をあげてみえます。


Image


Image_2


奈良のいちご。
今後が楽しみです❗️


ありがとう。

2017年4月19日 (水)

大阪

南大阪のお客様。
完熟いちごの出荷と直売で、
朝から大忙し(⌒-⌒; )
開店時間には消費者さんが行列していて、
製品からジャム用まで、
あ〜っと言う間売れて行きます🤗

Image


羨ましい🍓
苗作りも大切な時期です。
親株の管理もお願いしますね。

眼下に大阪の街並。
その向こうには大阪湾。
かすかに淡路島まで望めます。


Image_2


お客様に紹介して頂いた新しい縁。
大切にします。


感謝、感謝。

2017年4月18日 (火)

うららか農園 実里

うららか農園実里さん。
今日は休園日ですが、
管理の方は作業におわれています。


Image


Image_2


Image_3


半月程前は一時いちごが少ない状況でしたが、
徐々にいちごが増えて来て、
ハウス内は賑やかになって来ました🤗
かおり野、章姫は4番花。
紅ほっぺは3番花末。
この調子ならGWも、
いちごはタップリだと思います。

そして、そして、
苗場もしっかり管理されています。
偉い❗️
ランナースタートは、
かおりの5月1日。
紅ほっぺ5月10日。
章姫5月20日。


ありがとう。

2017年4月17日 (月)

名人

野菜名人のℹ︎さんのトマト。
同じ高さに同じ大きさのトマト。
生育が揃っていて美術品の様。
見ていて気持ちが良いです🤗


Image


いちご名人、野菜名人。
私が思う、
物作り名人の共通点。
苗作りが上手。
圃場、自宅が整理整頓されている。
圃場に居る時間が長い。
素直で頭が柔らかい。

見習う事がイッパイです。

ありがとう。

2017年4月16日 (日)

笑顔

舞鶴でいちご作りを頑張っている70代夫婦。
章姫と紅ほっぺを4,000株を栽培して、
地元の直売所へ出荷されてみえます。


Image


おばあさんが私の顔を見るなり、
「家のいちごが直売所で一番先に売れて行くんよ🤗」
笑顔でいちご自慢。
その横からおじいさんが、
「家のいちごは味も見た目も他所とは違うさかいに🤗」
笑顔でいちご自慢。

聞いている私も嬉しくて笑顔。
仕事冥利につきます。

ありがとう。

2017年4月14日 (金)

親株手入れ

暖かくなって、
親株もスクスク生長し始めました。
出荷作業の合間に、
さ〜あ親株の手入れをしましょう❗️


手入れ前。

Image

手入れ後。

Image_2

取り除いた古葉。
ランナー。
花。
脇芽。

Image_3


傷を付けたから防除。
キノンドー800倍、
豊作300倍混用。

株作りのため月1回の追肥。
雅10号5g/株。

健全な親株作りは、
いちご名人への第一歩です。

ありがとう。

2017年4月13日 (木)

新規就農

伊勢で新規就農を志す若者。
縁あって、
一緒に圃場予定地を見て回りました。


Image


Image_2

Image_3


夢はでっかく、志しは高く❗️

しかし計画段階では、
考え、考え、よく考え、
リスクを何度もシュミレーションして、
また考える。

覚悟が決まったら一歩前へ🍓

スタートしたら、
今度は明るく笑顔で楽観的に行動する。


今、
フォローの風が吹いています。
逆らわず素直に手を広げて🤗


頑張ってください。

2017年4月12日 (水)

灰色カビ病

相談電話のあったお客様など、
今日はしっかりハウス巡りが出来ました🤗
予想通りどの品種も灰色カビ病が発生しております。


Image


Image_2


多いハウス、少ないハウス。
収穫に追われてなかなか対処出来ないと思いますが、
1に換気、2に換気❗️
換気に勝る防除無し。
循環扇、換気扇の有効活用も効果的。
ハウス条件を少しでも改善しましょう。
高温多湿がカビ病の発生条件です。

ありがとう。

2017年4月11日 (火)

クレーム減少

静岡。
岐阜。
京都。
大阪。
合計6軒のお客様から、
灰色カビ病の問合せがありました。
十分に注意が必要です。

そんな折、
品質維持、クレーム減少の為、
雅いちごを販売して頂いている量販店の、
青果担当者さんとパート責任者さんと打合せ。


Image


Image_2


クレームが増えるこれからの時期。
生産農家さんの果実選別、品質管理は当然大切ですが、
販売店さん側のいちごを扱う意識も同様に大切です。
当日販売を原則に、
出来る限り少量パックへの詰め替えも控えて欲しいと要望しました。

作り手。
売り手。
両方の方向性が揃ってこそ、
食卓へ良いいちごが届けられます。


ありがとう。


2017年4月10日 (月)

生命力検査

4月3日開始。
生命力検査の中間結果です。


Image


Image_2


向かって左から、
ミネラルウオーターー水道水ーコズミックウオーター


生体水の違いで、
こんなに生命力に違いが出ています。

土作り。
ミネラル補給。
アミノ態栄養補給。
機能性生体水。

環境と生体(生命力)に調和した農業。

学びと実践、継続です。


ありがとう。

2017年4月 7日 (金)

読書

海外出張で良い事は、
読書がいっぱい出来る事。
飛行機の中。
乗り継ぎ、仕事の待ち時間。
ホテル(時差で早く目が醒める🤗)


Image


今回読んだ本の中の1冊、
流学日記。
海外放浪旅の中、
多くの体験と出逢いを通して、
今までの自分に疑問を持ち、
価値観、人生観が変わっていくところ。
彼女にふられて、
ストイックになる所。

10代20代の若者に是非読んでほしい一冊です。
さっそく一言付け加えて、
長男に渡そうと思います。

ありがとう。

2017年4月 6日 (木)

ベトナム

ベトナム中部のリゾート地。
広大な大地には、
1,000haのぶどう。
今回のミッションは、
ぶどうの品質向上と生産性の安定。
地元政府関係者。
農業公社。
ぶどう農家さん。


Image


言葉は直接通じませんが、
ぶどうの樹を前にすれば、
通じ合う物が多くあります。
安心安全ベトナム型農業。
実現へ向けて先ず一歩前へ❗️

ありがとう。


PS
何の権威も無い私が、
こうして海外からお声掛けいただけるのも、
お客様のおかげ。
日本農業のおかげ。
いちごのおかげ。

感謝です。
Image_2


2017年4月 4日 (火)

行って来ます

今回はいちごじゃ無くて果樹。
新しいお仕事でベトナムへ行って来ます!


Image


多くの篤農家さんに教えてもらった技術と知識。
ベトナムでも貢献出来たら。
現地の事はまるで分かりませんが、
基本は同じ。
あるがままにシッカリ見てきます。

ワクワク🤗ドキドキ🤗

ありがとう。

2017年4月 3日 (月)

春化

4月に入って、
いちごも春化。
中にはバランスを崩してボケ株も・・・


Image


Image_2


一般の方には珍しいでしょう。
どうせだから、
お客様の圃場から持って帰って、
事務所のカウンターに展示。
ついでに生命力チェックします。

春化防止には、
先ず着果負担を適正にかける事。
栄養生長に傾かない事です。
なかなかいちごは言う事は聞いて来れませんが🤗

ありがとう。

2017年4月 1日 (土)

親株作り

ソメイヨシノの開花の便りも各地から。
秋に定植した親株は、
休眠から目覚めて動き始めました。


Image


そろそろ来作へ向けて準備開始です❗️
先ずは健全な親株作り。
追肥と葉面散布で養分を貯めて、
5月中旬を目安に、
ガッチリ体力のある親株(草丈20cm以上)を育てます。

芽は2芽。

古葉、脇芽の整理など管理は一気に行い、
その後は必ず防除。
チョコチョコ触り過ぎない様に注意します。

品種、地域によって管理方法は違いますが、
健全な親株育成は、
健全苗作りの第一歩です。


ありがとう。


« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »