« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

出荷検討会

雅いちごの本格出荷を前に、
メンバーの皆さんが揃って、
出荷検討、目揃え会を実施しました。









皆さんが心を込めて育てた大切ないちごを、
より美味しい状態で、
よりステキな商品で、
消費者の元へお届け出来るように🍓

カラーチャートと実物を前に、
一つ一つ確認しながら、
ベクトルを揃えていきます。

選果いちごの糖度を測ると、
13から14度。
一口食べると、
甘味、
香り、
食味
共にgood❗️

作る人。
運ぶ人。
売る人。
食べる人。
皆んなが笑顔になるいちごの輪を目指します😊

ありがとう。


PS
会社の隣の柿の木に野生の猿。



最近はちょくちょく現れるんですよ。
農作物被害も甚大です。

2017年11月29日 (水)

いちご展示会⁉️

紅ほっぺ。
章姫。
きらぴ香。
かなみ姫。
かおり野。
おいCベリー。
とちおとめ。
さちのか。
パールホワイト。
名前の付いていない新品種。













こんな事は滅多のありません❗️
昨日と今日、
色んないちご品種を体験出来ました。

まるで、
いちごの宝石箱やあああ〜🍓😃

ありがとう。

気温による障害

台風21号でビニールが破れ、
その後の冷え込みで低温障害が発生。
根も萎縮して肥料を吸収してくれません。







着果負担を落とす事。
保温に努める事。
少しでも回復するように保護します。


換気忘れで高温障害が発生。
多くの花が不稔花になっています。





奇形果でもいいので着果負担をかけてから、
不稔花は全て摘花します。

低温障害については、
事故時に灌水を止めたり、
二重カーテンで保護する事で防げてかも。

高温障害については、
夫婦間の連絡ミス。

この様な症状を目にして、
私自身も反省しないと。
自動化が進み、
ツイツイ機械任せになりがちです。

ありがとう。

2017年11月28日 (火)

きらぴ香

静岡の品種と言うと、
章姫、紅ほっぺ。
どちらもとても良い品種ですよね。
その後を担う新品種きらぴ香🍓









前の2品種に比べると、
チョット気まぐれかなぁ・・・⁉︎
奇形が出やすいし、
芽無しもあります。
草勢管理が難しそうです。

でも評価が高いですよ❗️
当然単価も良い❗️
「多少、収獲量が少なくても、
上がりは紅より良い。」
お客様の声。

色んないちごを見て、
触る事が出来て楽しかった😃

ありがとう。


2017年11月27日 (月)

山県市-故郷-

先週は社長。
昨日はなっちゃん。
地元の中学校の故郷講座に登壇させていただきました。







我が故郷はバルブ(蛇口とかシャワーヘッドなど)発祥、生産日本一の街。
魅力的な会社さんも多くあります。

そんな中、
なんと、なんと、
中学生の事後アンケートでは、
見に行ってみたい会社一番に選ばれました😅
そりゃあそうだわな😃
蛇口は食べれんもんね〜

地元企業の一員として、
いちごを通して、
地元貢献できれば何よりです。

ありがとう。

2017年11月25日 (土)

摘花と一緒に

いちご楽園🍓
この一週間で、
摘花一回り終了してくれました。
サッパリ❗️









摘花と一緒に花ビラ取りします。
特にピンクの花ビラは徹底。





被膜剤を散布した後は、
特に花落ちが悪くなるので注意しています。
これも化学農薬削減のための一策です。

ありがとう。


PS
2017年
いちご楽園初モノ🍓





糖度十分です。
(計るの忘れた。)

2017年11月24日 (金)

平和

広島にて。
大和ミュージアムと平和公園。









悲惨な戦争の資料や文献を見て思います。
先人達の多くの犠牲と多くの汗によって、
今の日本の平和は訪れています。

平和ボケしている私。
忘れたらあかん。
無関心もあかん。
戦争に良いも悪いも無い。
絶対に戦争をしてはいけない。

分度ー足るを知る事。
感謝ー生ある事に感謝。

ありがとう。

2017年11月23日 (木)

広島へ

社員研修で仲間と広島へ来ています。
お世話になっている小積社長を先生に、
水の勉強。
生命の勉強。







自分が口にしている食べ物→自分の未来の姿。
のお話はすうっと腑に落ちて、
勉強になりました。
ありがとうございます。

農業に関わる弊社にとって、
豊かな大地を守り、
生命力あふれる健全な作物作りを志す事は、
今の健康だけで無く、
将来の食糧問題や環境保護においても、
大きな大きな意義がある事だと再認識出来ました。

ありがとう。

2017年11月22日 (水)

美濃娘、濃姫、華かがり

岐阜のいちご🍓

最近栽培面積が増えているのが美濃娘🍓
1、2番花連続出蕾性で、
果型、色、食味など果実品質に優れ、
タンソ病にも強いです。
草勢が落ちやすいので電照は必須です。







20年近く主力を張って来たのが濃姫🍓
早生で花数が多く連続出蕾。
収穫性が大変優れています。
果色がやや薄く先青がよく発生します。







昨年から出始めた新品種の華かがり🍓
濃姫の後継です。





岐阜いちご🍓がもっともっと飛躍する様に❗️
栽培農家さんの性格に合った品種選び。
品種特性を生かした栽培方法。
お客様と一緒に、
お客様のいちご達から学びたいと思います。

ありがとう。

PS
12月23日土曜日
10時





いちご楽園雅🍓オープンします。
明日より順次受付開始させて頂きます。
よろしくお願いします。

お問い合わせ
山県市天湖森直売所
0581-36-2663

2017年11月21日 (火)

生協さん

お世話になっている生協さんが、
雅いちごの産地視察におみえになりました。
ありがとうございます。







当初の予想より、
生育が遅れ遅れになっていますが、
ハウスの中で初物雅いちごを試食いただき、
雅いちごの栽培へ対する想いを、
メンバーさんと共にお伝えしました。

土作り。
苗作り。
環境作り。
栽培管理。
いちご作りは一年にして成らず。
いちご農家さんの、
日々の想いと作業の結晶が、
真っ赤に色付いた甘〜いいちご達🍓

作る人。
売る人。
食べる人。

み〜んなが笑顔になる、
そんないちごの輪を広げたいです。

ありがとう。

2017年11月20日 (月)

視察

本日は遠路はるばるいちご楽園への視察、
ありがとうございます。
楽園のいちご達はいかがでしたでしょうか?







植物の生理と、
生理に合わせたいちごの管理方法。
取組み方は色々とありますが、
主役はいちご🍓

いちごの道を進む者として、
想いは同じだと思います。

安全で美味しいいちごを作って、
喜んで食べて頂き、
その対価としてお金をいただく。
そして、
より豊かにより幸福に生活する🙂

地域は離れていますが、
共に高め合っていきましょう🍓

御縁に感謝。
ありがとう。

2017年11月19日 (日)

秘密兵器

ミツバチ飼育の秘密兵器🐝
試験導入しています。
今朝の8時過ぎにはミツバチが大集合していました。









これで少しでもミツバチのご機嫌が良くなってくれると、
とっても嬉しいのですが❗️
大切なミツバチさん🐝
今後の効果に乞うご期待・・・🙂

ありがとう。

2017年11月18日 (土)

いちご楽園

9日以来のいちご楽園。
私のフィールドのいちご達🍓
やっぱり可愛い💕


章姫





紅ほっぺ



かおり野



頭で想い描いているいちごの姿、
楽園のいちご達の姿、
ウンウン❗️
順調に生育してくれています。
さあ〜
来週から本格的に滴花しなくっちゃ。

大きくて甘〜くって、
生命力みなぎって、
食べた人が感動する様ないちご目指して🍓

ありがとう。


2017年11月17日 (金)

生きている土壌

無事、東京での商談終了。
二日間、
ありがとうございました。



腐食は生命から出来ており、
生命によって、
生命のために作り出されたものだ。

この本、
とても面白いです。
昨日も今日も、
あ〜っと言う間の新幹線でした。

ありがとう。

2017年11月16日 (木)

いざ❗️東京

展示会で御縁を頂いた企業様との商談のため東京へ来ました。
久しぶりの東京は気付きと刺激がいっぱい🙂

商談先企業様の商談に対する準備と対応。
平日の昼間に、
何十万もするブランド店に人がいっぱい。
駐車場には高級外車の列。
スマホを見ながらせわしく行き交う方々。
有名店に並ぶいちご達。











東京へ来て胸がいっぱい❗️
農家さんやいちごは頑張っているのに、
私は何やっとるんや。
ビビっとるやん。
無意識じゃなくして東方から逃げてるやん。
自分の理想から逃げてるやん。
綺麗事言ってっばっか。

気付かせてくれて、
ありがとう。

2017年11月15日 (水)

新規就農

新規就農のKさん。
600平米の面積で、
土耕と高設いちご栽培をスタートさせました。
ふたば通信をテキストに管理をして来ましたが、
まずまず順調に生育。
ボチボチですが収穫出来るいちごも🍓













一緒にハウスを観察しながら、
芽かき、滴葉、滴花作業を行いました。
いちごが主役🍓
ハウス温度。
給液。
株整理。
防除。
管理に手抜きが無いように、
今後の管理も再確認しました。

おかげさまで、
12月中旬からは、
いちごが増えて忙しくなりそうです❗️

ありがとう。

2017年11月14日 (火)

王秋梨

丹後産王秋梨🍐
お母さんが選果した梨を、
一つ一つ丁寧に包んで箱詰めされていきます。
私は横から抜打ち糖度検査。











大雅の有機肥料で、
丹精込めて作られた梨達100ケースは、
明日、広島へお嫁入りです。
皆さんに喜んで食べて頂けますように🙂

ありがとう。

2017年11月13日 (月)

水没したいちご

10月23日夜中に水没したいちご。

23日撮影。



24日撮影。



24日に防除。
土が乾いてからは、
ミネラルのスーパーアシストを灌水。
アミノ酸のふたばエキスを葉面散布。
地道に継続しました。

今日13日。






枯れた株は数株。

諦めずに対処した強い想い❗️
回復を信じる想い。
いちごの力強い生命力🍓

年末に色付くいちごは、
今までに無い素晴らしいいちごでしょう🍓

感動しました。

2017年11月12日 (日)

うららか農園実里

うららか農園実里さん🍓
年明け1月6日にオープン決定❗️
生育、管理共にやや遅れ気味なので、
これからピッチを上げて調整していきます。







草勢強化のため特に急ぎたいのは、
給液アップと脇芽整理、滴葉。
管理担当者のお二人と、
いちごの株を前に実演です。






パートさんの作業が多いので、
難しい管理は出来ません。
まず外芽は全て取る事。
内芽は大きな芽だけ残す事。
変色して葉柄の開いた古葉は滴葉する事。
作業の確認をシッカリ行いながら、
一歩一歩着実に進めていきましょう❗️

ありがとう。

2017年11月11日 (土)

未来型ハウス

白山の未来型ハウス。
紅葉🍁をバックに先月下旬から本格稼働を始めました。




9月定植分は年末を目指して❗️
10月定植分は2月上旬を目指して❗️
それぞれ管理を進めます。









設備はほぼいちご楽園と同じですが、
給液から空調(重油加温機、エアコン)、循環扇、CO2、カーテン、換気。)
全てコンピュータによる制御になっています。
着々と進化する世の中。
私って置いて行かれてる・・・⁉︎







管理担当者さんと一緒に設定を確認。
いちごの生育に合わせて、
設定を大幅に変更しました。
冬場に日照が少ない北陸では、
この時期にシッカリした株作りを意識します。
設備は進化しても、
いちごは常に寄り添う気持ち。

ありがとう。

2017年11月10日 (金)

マルチの色で

マルチの色や種類によって生育に大きな差が出ます。
地域気候によって考慮すべきだと思います。






福井のお客様では、
マルチ張り20日程でこんなに大きな差が・・・
日照の多い地域では、
冬場も白マルチで地温確保が出来ますが、
日照の少ない地域では、
地温を考慮して黒マルチの方が良いと思います。
以前、
富山で白、黒試験をした時は、
2月末の段階で生育に20日以上の差がありました。

ありがとう。


PS



夜明け。
紅葉🍁
九頭竜湖。
日本大好き❗️

2017年11月 9日 (木)

ツマ帽子くん

いちご楽園の天換気に、
フィルムの擦り切れ防止のアイデア商品、
ツマ帽子くんを設置しました。






先週から様子を見ていますが、
調子良さ気です❗️

言われてみれば当たり前の事なのですが、
それに気が付き商品化される事が素晴らしい。

お客様のお困り事に対応して、
アイデアを出し合い早く対応する。
私達が見習わなくてはいけない大切な事。

ありがとう。

2017年11月 8日 (水)

濃姫

岐阜いちごの濃姫。
賑やかに花が咲き始めました。
高設栽培のハウスは、
20日頃から出荷が始まるそうです。






連続出蕾。
10月の天候不順の影響ですか、
例年に比べて花が小さく、
花房の伸びもイマイチ。
冬に冷込みの強い岐阜では、
この時期の株弱りは、
2月まで影響が及ぶので、
早い対処が必要です。

電照は例年より早く1時間でスタート。
欲と二人ずれですが、
強目の滴花(特に1番花)。
3番花の分化と、
秋根作りを意識して、
アミノ酸と微量要素の補給。

目に見える花と、
目に見えない花芽分化、秋根。

目に見えない所を意識したいですね。
焦らない、焦らない。

ありがとう。


PS
岐阜は特産の富有柿の最盛期。
今年は大玉で甘いですよ❗️
お陰で少々、
いちごの作業が遅れ気味。





2017年11月 7日 (火)

ミツバチのプロ

ミツバチさんの大量死事件。
さっそくミツバチメーカーの技師さんに来て頂きました。











周りの状況を確認。
巣箱を確認。
死骸を確認。

確認して分かる事。
⒈巣箱の中に死骸が全く無いので、
輸送中のストレスでは無い。
⒉死骸がハウス西側に集中している。
死骸が巣箱から離れた所にも多い事から、
ハウスへ着いてから大量に死んでいる。
⒊死骸が苦しそうにベロを出して死んでいる事から、
環境変化による物でも無い。

総合的に判断した結果、
新しいビニールの保護パウダーの影響。
(新しいハウスではたまにあるそうです。)
ハウスの西側空き地の除草剤の影響。
この二つが浮かび上がって来ました。

どちらも全く気にしていませんでした。

さすがミツバチのプロ🐝
お話の節々に、
ミツバチ飼育のポイントがあり、
とっても良い勉強になりました。

ありがとう。


2017年11月 6日 (月)

ミツバチ2

月末に入れたミツバチ。
その内の1群が大変な事に・・・






木曜日に死骸が多いのには気が付いていたのですが、
1、2匹飛んでいたので、
エサを与えて様子を見ていました。
今朝ハウスを改めて確認すると、
その死骸の量は半端ありません。

一体この巣箱だけどうしたんだろう?

メーカーさんに現状を説明して、
一緒に対処方法を探っています。

ミツバチさん頑張ってね🐝

ありがとう。

2017年11月 3日 (金)

芽無し

芽無し株の発生が多い紅ほっぺ。
育苗中から、
老化しない様に。
痩せ過ぎない様に。
水ストレスが少ない様に。
などなど育苗中の生育波が、
なるべく少ない様に注意して取組んでいますが、
やっぱり年並・・・⁉️
なかなか良い解決策が見つかりません。
今年も芽無しの多いお客様がみえます。








苗がある内は、
植え替えをしていましたが、
以降はランナーを芽無し株の横に挿して対応します。
ここで一つのコツ。
ランナーはマルチ上を引っ張って挿し、
ランナーはずっとつないでおく事。
芽無し株から出たランナーでも構いません。
そして3個に滴果する事。
2月中旬にはいちごが色付き始めます。

毎作、毎回勉強ですね。


ありがとう。


2017年11月 2日 (木)

ミツバチ

先週からミツバチ入れが一気に始まりました。
ミツバチはいちご作りの大切なパートナー🍓









ミツバチも突然知らない場所へ移動して、
ストレスがたまっています。
定位置に巣箱を設置したら、
エサを与えて、
なるべく静かに見守ってあげてください。
防除もしばらくは行いません。
(だから、ミツバチ入れ前の防除は大切。)

昨日放った楽園のミツバチも、
今朝には花から花へ飛んでいます。

ありがとう。

2017年11月 1日 (水)

いちごの副業

いちごの農家さんの副業。

マルチ張りが終わったMさんは、
ただ今、
玉ねぎの苗抜き真っ最中❗️




毎日10,000本を、
問屋さんを通して東北地方へ出荷しています。

最近はメッキリ少なくなりましたが、
15年ほど前までは、
多くのいちご農家さんが、
いちご定植前に玉ねぎを播種。
定植が終わって10月中旬から11月中旬にかけて、
苗を出荷。
余った苗を自分で定植。
いちごの収穫が終わった6月から収穫。
玉ねぎ小屋に吊るして貯蔵。
7月中旬からエアーコンプレッサーで皮剥いて、
20kgの袋へ入れて出荷。
こんな姿をよく目にしました。

当時、
女峰、豊の香から濃姫へ切り替わる頃。
苗場を確認した後、
お客様の部落へ近ずくと、
玉ねぎの香りがぷう〜んと匂ったのを懐かしく思い出します。

ありがとう。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »