« 苗場で除草剤 | トップページ | かおり野のランナー »

2020年6月25日 (木)

太郎の扱い方・春親株

◯太郎苗

太郎苗は出来が悪いと言う事で、

太郎苗の扱い方についてよく質問いただきます。

最近の気候でランナー発生時期が以前より早くなって、

太郎苗の老化がより激しいため基本的には使用しません。

 

14316ffd18084c9a919c33510266253a

02655e1b51e54d33b99983df07d59a82

 

太郎苗は葉をカットして親株下に寄せて、

二郎苗からポット受けを行なっています。

ただし5月下旬から発生した若いランナーの太郎苗は、

他の二郎苗と同様にポット受けしています。

何言ってるか解りづらいですよね。

詳しくはお問い合わせください。

 

◯春親株

春ポット受け5月定植の親株の様子です。

 

28b474e9994b4b6bbe12bb9bab2a94f6

 

ランナー数は3から5本。

太郎苗もポット受けしますよ。

今、二郎苗をポット受け最中。

20日ごとに追肥してランナー促進に心掛けています。

 

今日はダブルでありがとう。

« 苗場で除草剤 | トップページ | かおり野のランナー »

いちご栽培日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 苗場で除草剤 | トップページ | かおり野のランナー »