いちご栽培日記

2017年9月20日 (水)

富山のいちご

富山の第一人者アグリッチさん。
ベンチは定植終了。



土耕は定植最中。



今年は苗が根痛み気味なので、
チョット早めに薄めで給液を開始して、
根作り株作りを心がけます。


昨年からいちご栽培を始めたKさん。
今年からふたば高設にチャレンジします❗️
ベンチは手作り。
ベンチを確認すると、
よく出来ました💮



さっそく、
週末から定植します。

富山のいちご。
まだまだ生産量が足りていません。
ただ悪条件でのいちご栽培で、
成果の出ない農家さんが多数いるのも現実。
縁あり一助になれれば嬉しいです。

ありがとう。

2017年9月19日 (火)

アグレッシブアグリ事業

開山1,200年記念㊗️
12月下旬に白山の麓で、
観光いちご園がプレオープンします🍓








北菱電興様のアグレッシブアグリ事業。
新しい取組み。
楽しみな仕掛け。
アッと驚く新技術。
豪雪地域でのいちご栽培を通して、
研究、
開発、
実証。
どんどんチャレンジします❗️

話題てんこ盛り😄

ありがとう。

PS
この投稿、
結構なプレッシャー・・・⁉️😄😄😄

2017年9月18日 (月)

GAP

台風18号で被害を受けて皆様には、
心から御見舞い申し上げます。
お陰様で弊社のお客様では大きな被害の報告ありません。

雨を狙って⁉️
福井へ来ています。
雨のお陰で稲刈りも一休み。
稲作農家さんとは久々にゆっくりお話が出来ました。







徳永農園さん。
JーGAP取得されました。
素晴らしい🍙‼️
GAPはこれからの農業で、
大きな意味を持って来ます。
皆様、
早い内に取得チャレンジして下さい。

さてさてお米。
今作は豊作だった昨年に比べ、
収穫量は少ないですが単価は⤴︎
稲の生育状態と、
ハイコントロール肥料の感想をお聞きして、
来シーズンの参考にします。

ありがとう。


2017年9月17日 (日)

台風18号

台風18号はとてもゆっくり。
岐阜は朝からにわか雨程度。
今晩夜中に接近という事です。

いちご楽園でも、
今から台風用に設定を変更しました。













自動になっていたサイド換気は手動にて閉鎖。
循環扇も自動から手動にて、
明日の朝まで稼動させます。
第2ハウスは全サイド閉鎖。
今日はいちご達の灌水量も絞っています。

台風に近い山陰や関西が心配です。
どうか大きな被害が有りません様に。

ありがとう。

2017年9月16日 (土)

アクアビート

いちご楽園が導入している給液システム、
アクアビート。
メーカーさんに来て頂き、
再調整、試運転を行いました。






第1ハウス6系統。
第2ハウス4系統。
共に問題無く試運転終了❗️

肥料濃度も灌水量も、
細かく調整可能なアクアビート。
いちご栽培の頼れるパートナーです🍓
(夫婦と同じで頼りすぎは❌😄)

ありがとう。

2017年9月15日 (金)

いちご楽園

帰って来ましたいちご楽園🍓
いちご達の姿を見て少し安心😄

定植を手伝って、
灌水、防除など今後の段取り。
来週も出張なので、
10日先を見据えます。





台風が気になりますが、
今は活着促進。
不定根の誘導です。

ありがとう。

2017年9月13日 (水)

プランター栽培

脱サラされていちご作りを始め5年。
プランター栽培の農家さんへ5年ぶり2回目の訪問。
今日は今までの栽培方法の確認と苗の確認でした。






気が付いた点はいくつかありますが、
一番のネックは、
温度維持になりそうです。
陽当たりの悪い場所で、
暖房機無し。
電熱線のよる土壌加温のみ。

さあ〜
どうした物でしょう。
じっくり考えて、
農家さんと話し合います。

ありがとう。


PS
今日は美味しい20世紀梨。
頂きます〜😄





2017年9月12日 (火)

素晴らしいぶどう

長〜いお付き合いのお客様の笑顔☺️
食味。
糖度。
香り。
粒肥り。
房型。
素晴らしいぶどうが出来ました🍇














もちろん人気も上々❗️
完売続出です。

お客様のお喜びの声に、
私も1日良い気分ですよ😄

品評会入賞はオマケのご褒美。

ありがとう。

2017年9月11日 (月)

ミツバチ増殖

交配用ミツバチを自家繁殖させているお客様。
春のハウス出しから大切に子守りして、
4群を7群にまで増殖させました。
しかしここへ来てスズメバチの襲撃。







そして獣による被害も・・・
2群やられて今は5群。
今日もスズメバチの襲撃を、
働き蜂が群になって懸命に巣を守っています。

ミツバチが減少している昨今。
縁あってハウスへ来てくれたミツバチ達。
大切に育てたいものです。

ありがとう。

2017年9月10日 (日)

親株数

今回の育苗の中、
ランナーが不足して、
なかなかポット数が確保出来なかった丹波地域。
お客様の中でも、
例年の75%しか確保出来ない方も・・・
そんな中、
M農園さんは例年のプラスαを確保。






原因は簡単。
親株の量を増やした事‼️
昨年秋にフリー株を購入。
紅ほっぺ120株。
章姫120株。
即定植して冬は休眠入れ。

2月下旬にハウスへ入れてランナー出し。
各品種180ポットを拾って、
4月にプランター定植。
親株を600株に増やしました。
(例年は路地でハウス入れを行わないため、
親株数は400株程度。)

5月下旬からランナースタート。
6月下旬からポット受けスタート。
7月下旬に受け終わり。

例年は10,000の確保が難しいのですが、
今年は12,000を悠々と確保しました。

当然わかってますよね〜〜
栽培面積に合わせた苗場面積。
親株の確保。

受けと挿し。
育苗方法によっても違いますが、
栽培の重要部分ですね。


ありがとう。


PS
秋晴れの休日。
お客様のハウスの横に懐かしい光景。
お米がハデ掛けされていました。
穂に鼻を近ずけると、
懐かしい香ばしい香り。




今週中には美味しい新米になるでしょう。

大好きな日本🍙
日本に生まれて本当に良かった☺️


より以前の記事一覧