いちご栽培日記

2018年8月10日 (金)

縁広げ

いちご楽園雅🍓

ありがたい事に、
例年以上にいちご就農希望者の視察が続いています。
今週は2軒の法人様。






今シーズンから試験栽培を希望されています。
定植はすぐそこに❗️
考え方。
施設。
苗。
せっかく取り組むのであれば、
いちごで良かった思って欲しい。
調整、準備いっぱいです。

いちごで笑顔広げ😁
いちごで縁広げ🍓

ありがとう。

2018年8月 8日 (水)

促成

遠州のお客様。
超促成栽培のいちごは、
先月末から夜冷入れが始まっています。







今月の下旬に定植。
10月下旬から収穫開始予定です🍓

出荷目的が変われば、
栽培方針も大きく変わりますね。

ありがとう。

2018年8月 7日 (火)

森木農園

いちご🍓
アムスメロン🍈
お茶🍵
静岡県牧之原市で栽培されている森木農園さん。
元気モリモリ。
エネルギッシュにアグリ中❗️









7月8日には、
直売所をオープンしました。
(開店は土曜日、日曜日の午後)
人と農業をつなぐ架け橋になりたい!
一家のそんな想いの詰まった素敵なお店です。
自家生産物を生かした、
フワフワかき氷も大好評😁
今後の展開が楽しみ。
私は甘いいちご作りで貢献します。

ありがとう。

2018年8月 6日 (月)

親株感謝

11月に定植。
大寒や長雨、猛暑に耐えて、
1株から約25株に増植してくれた親株。



感謝しながら子供達を切り離し。
お役御免です🍓
ありがとう。



切り離す際のハサミは、
斬れ味良くして適時消毒。
作業後の夕方には、
その日に切り離した苗に対して、
ストロビー+豊作で防除。
親株離れして、
ストレスのある子供株をいたわります。

1週間程慣らしてから、
子株を切り離す予定です。

ありがとう。

2018年8月 5日 (日)

健全ふたば通信

8月の健全ふたば通信第165号🍓





8月の防除ローテーションと、
今回は育苗後半のポイントを提案します。
クラウンの肥大は、
担果負担を増大=多収穫。
心止まり(芽無し)発生にも影響します。
健全な花芽作りは、
果実数、果形=高品質。
どっちも収入に直結しますよね。
参考にしてみてください。

ありがとう。

2018年8月 4日 (土)

視察

先月ご縁いただきました、
大阪府いちごアカデミー受講者の方が、
猛暑の岐阜へ視察に来てくれました。
ありがとうございます。





雅いちご🍓
いちご楽園雅🍓
生産現場を案内して、
包み隠さず見てもらいます。
百聞は一見にしかず。
百見は一体験にしかず。
雅いちご達の現場はどうでしたか?

設備は決して良いとは言えませんが、
いちごに対する愛情は人一倍。
いちごは生産者の心を映す鏡です🍓

一大決心して新規就農を目指す皆さん。
今後の人生、
いちご作りに、
少しでもご役に立てれば幸いです。


ありがとう。

2018年8月 3日 (金)

タンソ病

近年少なかったタンソ病。
今シーズンは増えています。









大雨に異常高温、台風。
いちごさんにとっても大きなストレスです。




発病を見つけたら、
迷わずら病株とその周辺株は処分。
「もったいない‼︎」
絶対に禁物です。
ら病した株は防除しても治癒しません。
辛さは重々わかっています。
発病の原因解明と、
これ以上広げないようにどうするか?
怪しい株は処分する事が第一歩です。

ありがとう。


PS
奥様が栃木へ出張。
お土産に、
とちおとめ🍓
スカイベリー🍓
いちご入りカレー買って来てくれました。
流石、トップ産地です🍓
娘と分けっこドンドン食べよう😁



2018年8月 2日 (木)

お知恵を拝借

今日は肥料メーカー様が来社。
メーカーと営業の仲間と一緒に作戦会議🥦




原料の値上がり。
運賃の値上がり。
厳しい状況がありますが、
魅力的な提案ができるように❗️
メーカー様のお知恵を拝借させていただきます。

後は私たちの思い次第。
担当エリアでは、
早速アクションを起こしました。





ありがとう。

2018年8月 1日 (水)

土壌分析をもとに

どの様な成分で、
どんな肥料を組み合わせて設計して行くか?



土壌分析の数字をもとにハウス土壌を診断。
お客様に説明した上で方針を決めていきます。
何か医者みたいですね😁

申し訳ないのですが、
弊社では土壌分析が出来ないので、
外注に出していたため、
時間がかかっていました。

今シーズンからは、
営業の仲間が適時EC、ph簡易測定器を携帯して、
最低限の数値を、
栽培中でも常時チェック出来るようにして、
その数字をお客様の栽培へ活かしていきます🍓

ありがとう。

2018年7月31日 (火)

分解ヘルパー処理

弊社のすすめで、
農薬、太陽熱処理をやめて、
先月から分解ヘルパー処理を行っている農園さん🍓









マルチをめくって効果を確認してみると、
根っこなどいちご残渣は分解されて、
培地はふかふかに❗️
その効果に、
管理担当者もビックリ笑顔です😁

お盆までこの状態で分解を進めて、
その後に大きな残渣を取り除いて、
減った分の培地を補充します。

高温ハウス内での労力も減って、
高温にしないので施設にも優しく、
薬剤を使用しないので環境にも優しい方法です。

ありがとう。

より以前の記事一覧